アイドルマスター XENOGLOSSIA 第22話 「鍵とバット」

さぁ、みなさん、そろそろパーティの時間です――。

解散命令が出されモンデンキントJPは接収される。
しかし諦めないアイドルチームは奪還作戦を開始!
課長の鉄拳が唸り、蛍さんの金属バットが快音を響かす(笑)
春香も再びリボンをつけ復活!

鬱展開は終わり反撃開始です!
OPの蛍さんのフルスイングはこれだったのか(笑)

第22話 『鍵とバット』

モンデンキントJPは、朔の指揮する強襲部隊に接収。
課長ほか全員は配置転換されてしまう。

「すべてはアウリンの開放を阻止するため…ですか?」
課長は、朔の背後にいるモンデンキントの上部・極秘サークル『グランドロッジの猫』の真意を質す。
あずさが止めにきて答えは得られず…。あずさは、朔のもとに残るようです。

どさくさでリファが姿を消しましたが、本部に移動されたのか?

千早に取られたインベルを見て、意気消沈で帰ってきた春香。
持ち出せたインベルのキーを受けとってもまだふぬけてます…。
 
「バカリボンがリボンしなかったら、ただのバカでしょ!?」
伊織の兆発に春香は、伊織を平手撃ち。
その元気ならまだやれる…
「あんたには、まだやれることがあるでしょう?」
その言葉で、春香復活です(笑)
 
 
課長がバイトでマスターする喫茶店に集められたアイドルマスター課。
トゥリアビータに渡さないため、朔はiDOLを『虚数領域』に隠そうと画策しているらしい。
そんなことをさせずにiDOLを奪還することを提案する課長。
メンバーは全員一致でそれに賛同。遅れてきた春香も合流です。

やよいのラジオで、基地にいる亜美たちにメッセージを送り、進入路を確保。
亜美たちと行動する蛍さんは金属バットでフルスイング!邪魔者を血祭りです(笑)

「さぁ、みなさん、そろそろパーティの時間です」
基地内に入ったメンバーは課長の号令で奪還作戦開始!

強襲部隊も分断され、蛍さんは金属と課長の鉄拳にブチ倒されていきます。
課長…素手だけでiDOLとでも戦えそうだし(違)

虚数領域にiDOLを封印できなかった朔は、あっさり撤収命令を出す。
課長と対峙し、アウリンが災いで世界を滅ぼすものと告げる。
5対のiDOLは、アウリンのキーなのだと。

基地とネーブラの奪還にも成功。
伊織は、次はインベルを取り戻す番と春香に言う。

「わたしには、まだやれることが…やらなきゃらならないことがある――」
インベル奪還を誓う春香…。


やっと春香が復活したけど、こちらはネーブラだけ。
千早のインベルや真のヒエムスに対向できるのか…?
テンペスタースの復活はまだ先なのかな。
残り話数もわずかだし、そろそろ急展開になるんでしょうか。

次回 第23話 『RUN!』
 

■TB先リンク■
たこの感想文

http://yosutebitoblog.blog81.fc2.com/blog-entry-545.html
関連記事
コメント

>草刈鷲士 様

残り4話盛りがりそうですね!
あっちも最後くらい意地を見せてほしいですが(笑)
まだ諦めてませんよ(万が一もありますからね(ぇ)

サンライズが好きな・・

みんなで、頑張って!の展開がやってきましたね(w)
残り四話で、どう纏めるのか・・・
アイマスの方は、続きが気になって仕方無いですよ(苦笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する