アイドルマスターXENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」

ダイスキ――。

アウリンへの扉が開かれ、地球に滅びの時が迫る…。
インベルたちはその身を犠牲にアウリンを止めるようとする。
iDOLとの別れを受け入れられない春香たち…。
十六夜寮跡でたたずむ春香の前にやよいが現れる――。

アイマスもついに最終回。
最後までiDOLの感情は理解できなかったけど、最後の思いは男らしかったです!(笑)

▼ 第26話(最終話) 『月とペンギン』

ヌービアムを取り込み出現したアウリン。
説明はないままだけど、iDOLが来た場所で、たぶん月を崩壊させた何かなんでしょうね。
アウリンの影響でオービターのバランスも崩れ、地球の地軸の変動・重力異常・電波障害が発生。
静かに世界は滅びに向かいはじめる…。

雪歩ちゃんは無事でしたが治療中。結局何もできなかったと落ち込む春香。

真は、ちはやさんの形見の月のペンダントを課長に渡す。
課長は、真ちゃんに言う。

「あなたは主任の意志を継いだのです
 過去の過ちは未来でしか取り戻せません。 強くなりなさい」
真も関わった月見島壊滅の罪…それは消せないけど、これからなすことで償っていけと。
 
 
iDOLたち自身が話しあい、結論を示す。
アウリンを安定させ、開放される力を吸収。空間を残った力で安定させる。
地球を守るためにその身を犠牲にすると…。

勝手なことをと伊織は怒り、離れたくないとごねる真美を宥める亜美。
真は静かですが、ちはやの意志をつぎ覚悟を決めている。

そして、春香は途方にくれ、焼け落ちた十六夜寮あとにたたずむ。
その背後から現れたペンギンのキグルミのやよい!
春香が電話で泣くの我慢してたから来たと、どんだけ友情パワーですか!?

「アイドルマスターになって後悔してる?」
ずばりと春香の迷いを言い当て、したいことをする。それでいいじゃんとアドバイス。
我慢してた涙をやよいに見せ、春香は迷いをすてて決断。

ペンギンやよいも連れ、モンデキント基地へ帰還。
伊織や亜美もマスターと知りやよりもビックリ(笑)
キグルミに真美ちゃんは怖がって引いてるし(^^;

何が待っていようがベストの状態でおくりだす!
整備斑のそれがiDOLへの愛の形。
急ピッチで整備が完了し、iDOLの射出のとき。

インベルを私のカレシと紹介する春香。
バイバイと挨拶して、iDOLの発射準備へ…

iDOLだけが無人で射出される予定だったのに、春香たちは一緒に出撃!
地球のためにインベルたちが命を賭けてくれる。
なら一人ぐらいiDOLのために命を賭けたいから…。

宇宙に上がったインベルたちに、アウリンの落としたドロップ群が!
ドロップを落とすことこそiDOLの本領。3機の連携で全てのドロップを撃破。
この3人で戦うのって最初で最後ですね…。

そしてアウリンに接近。
伊織と真は、コアだけを切り離し、アウリンを開くための捨石になる。
二人の開いた道から春香とインベルはアウリンに進入。
直後、ネーブラとヒエムスは爆発…。

アウリン内で気付いた春香に、インベルはこれだけでいいとリボンを一つとり…。
春香を外へ逃がす。
インベルにとって守りたいものは春香だけ。地球を守るのも春香のためだから、一人で逝くんですね。

インベルの力によってコアが反応し、アウリンは光と化す――。
それは宇宙に咲いた光の花。

伊織と真の脱出カプセルも海に…。ネーブラとヒエムスもマスターを守ったんですね。
そして春香の手の中で、インベルの最後のメッセージが光で文字を示す。
『ダイスキ』と…。

「バカ、知ってるわよ、インベル…」
春香の答えを聞き、光は宇宙のアウリンの閉じた跡にできた星に上がっていく…。

そしてまた春となり…
桜舞う東京。
春香を見守るように空に星が輝く――。


キレイに終わったけど、謎とかの説明はないままですか(笑)
まぁ、iDOLの男の子が、好きなアイドルマスターを守ったというまとめかな。

iDOLをただの機械にしたために、あんまり共感できませんでしたが(^^;
これはこれで斬新かな(笑)
変にiDOLを人型イメージとか出したら、男マルチみたいになって生々しくなるしね。

少し不満なとこは、あずさと春香たちの話が最後までバラバラだったこと。
分けてるからスッキリしてはいるんだけど、キャラの絡みはほしかったかな。

シリアス展開後がきつかったけど、全体的には、さすがサンライズて感じで、楽しめました^^
 

http://okimamoton.sblo.jp/article/5668628.html
関連記事
コメント

最後の熱い演出は最高~でした(w)

>謎とかの説明はないままですか(笑)
はっ!?・・言われてみれば(w)
あの超~熱い!演出に我を忘れておりました。
>キャラの絡みはほしかったかな。
亡魔法少女と違って、単に尺が足りなかったのでしょうかね(苦笑)
戦闘シーン少し削れば、できなくは無かったかも・・です。
>さすがサンライズて感じで、楽しめました^^
私も同じくサンライズ色まる出しの演出には、充分満足させて貰いました。
できれば今度は、舞HiMEの新作をお願いしたい所です(w)

>草刈鷲士様

謎とか、敵組織とかも舞台装置だったんでしょうかね(^^;
説明はほしかったです。
戦闘シーンはもっと増やしてほしかったです。
でもあと削るとこないですよね(^^;
朔の出番くらい?
舞HiME新作ほしいですね~。
いっそ舞HiMEガンダムでもよかったのに(笑)

SERA様 こんにちわw
たしかに、話がバラバラな印象でしたよね。
それと謎のまま終わった部分も多かったですし。
もっと、わかりやすい物語設定にした方が良かったですよね。
たとえば、はじめからiDOLをすべて集めると月が復活する。
その主導権をモンデンキントとトゥリアビータが争う。
なぜ主導権を争うかというと、復活後の月の利権が欲しいから、とか。
そして、そういうドロドロした大人たちの思惑に、
はからずも、インベルや春香たちが巻き込まれていく。
でも最後は、iDOLと少女たちの純粋な思いが、
汚れた大人たちを浄化していく、とか。
そういう安易でも簡単な設定の中で、
登場人物の心の動きや、関わり合いが
丁寧に描かれていけば、
もっと楽しめたような気がします。
コメントが長くなってしまい、すみませんでした。(汗)

こんにちは^^
このアニメも終わってしまいましたが、少々謎が残ってしまい、もう少し説明して終わって欲しかったですね。
人間関係やらストリーが複雑な部分もあり、ちょっと話が難しかったです。私自身、アイドルの存在自体未だに何かわかってないです(笑)。
しかし、ラストに向けての盛り上がり方などの演出はとてもよかったと思います。今後のサンライズの作品にも期待したいと思います。では失礼しました。

>ミュウ苺様

アイドルのことは秘密にせずに、アイドル同士で試合みたいでもよかったですね。
それだと機神大戦とかぶりますけど(^^;
キャラの関係が基本的に1体1で、ぜんたいではバラバラって感じですし。
春香→雪歩 春香←→やよい みたいに。
にぎやかなんだけど、横の関連はない感じ(^^;
もうちょっとバリエーションほしかったですね^^

>アキ様

ちはやさんの過去の話が出始めた時、EVAぽくなってやばいかなと思ったら、やっぱり複雑に(^^;
謎は隠し味?と割りきって、盛りあがりを楽しむのがいいみたいですね^^
盛り上げ方はサンライズさんの得意技ですから(笑)

はじめまして

こんばんは、はじめまして。
トラックバックありがとうございました。何度かトラックバックのお返しを行っているのですが、どうも上手くいかないようで、ご報告させていただきました。
ついに最終回となってしまいましたが、後半に数回感動シーンがありましたが、やはり最終回も感動ものでしたね。ただ、レビューでお仰るとおり、謎の部分もあり、デコちゃんやその他のメンバーがその後どのような生活をしているかということも気になりますね。

>萩歩様

こんばんわ。
コメントありがとうございます^^
TBの件ごめいわくおかけしました。
終盤での盛りあがりはすごくよかったです。
このあたりはサンライズ巧いですね^^
謎や、キャラのその後もう少し見たかったですね^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する