ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第7話 「常春の館」

ジルたちは花に囲まれた館に到着。
そこはもう亡い懐かしい人たちに会える常春の館。
アーメイやカリーと懐かしいキャラ登場です。

そして意外なキャラも再登場(^^;
似てないよねー(苦笑)


第7話「常春の館」

館にはウラーゴンとはぐれたメルトとクーパも居て合流。
ひさびさアーメイたちとの再会を喜びます。
クーパがすごい嬉しそうですね。


この階は、懐かしい人の幻に会えるのですが…。
ウラーゴンだけは誰にも会えないって寂しいヤツ(^^;

ヘナロはなんとパズスの娘ってビックリな事実が。
人形兵器を回収に来たんですが…。
その人形が襲ってきて制御しようするができず。


もう殺すしかないってパズスにヘナロは矢を射てしまう…。
まぁパズスはもう死んでるですけどね(^^;

このままこの階に残ろうと言い出す面々ですが…。
ジルは先に進むと言い放つ。


「ずっとここにいちゃダメなんだ。
 ここにいたんじゃ追いつけないんだ。カーヤにもニーバにも…アーメイにも」


説得に応じ、上の階への鍵を隠してたウトゥが差し出します。
そして別れの時。
アーメイとの別れに泣出すクーパに自分は幻だからと…。

別れの時、アーメイはジルに手信号を見せる。
先に進めと――。



ヘナロは理由ありだろうと思ってましたが。
まさかパズスの娘とは…。ぜんぜん似てないし(^^;

次回 第8話「二人はかつて」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : ドルアーガの塔 - ジャンル : アニメ・コミック

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第6話 「四つの刺客」

四つの刺客ということで、機械人形の刺客なんですね。
前期でパズズが柩から出した4体。
かつてのドルアーガの騎士の騎士をつぎこんだ…人造人間何号とかそんなのね(違)

ずっと先に進んでる思われたニーバ&カーヤ。
彼らにとってはまだ9日しかすぎてないみたい。
外では半年経ってるわけで、ずっといたら外では長い年月が過ぎる。
これが幻の搭に行けば帰れないってわけかな。


第6話「四つの刺客」

四つの刺客は、主を失って全部殲滅ってことで動き出す。
もしウラーゴンたちが一番に狙われたら速攻全滅でしたね(^^;

ヘナロがはぐれ、ジルと二人となってグレミカと遭遇戦になるんですが。
ヘナロはわざとこの旅にまき込まれた感じですね。目的とかバックが気になります。


ジルたちとグレミカたちの戦いに、人工戦士のマイトとスペキュラが武力介入(違)
ニーバたちにはブラッドとアイスが…。

やっと出てきたわりにはあっさり撃退されたり(^^;
また再攻撃してくるんでしょうけど。


ニーバたちが出ると話が締まりますね(笑)
ギャグ展開が少ないとなんか物足りないけど(ぉ)

次回予告にはアーメイの姿が…死後の戦士の園とかの話でしょうかね。

次回 第7話「常春の館」

・TB先・

テーマ : ドルアーガの塔 - ジャンル : アニメ・コミック

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第5話 「影の国」

舞台は幻の塔へ…。
置き去りにされたヘナロを発見したジルたち。
そこに黒い魔物の大群が襲いかかる…。
魔物たちは影の中には入れないが、太陽が昇るにつれ影が短くなっていく…。

すごく冒険物ですね。
サクっとクリアかと思ったら、まさか1話まるまるかかるなんて(^^;
まだ残り半分あるから、ゆとり?(笑)


第5話「影の国」

ヘナロはまき込まれただけで迷惑な話ですね(^^;
すぐ泣きごと言うヘナロに、楽天的なだけでなんの解決にもならないウトゥさん。
ジルはいやでもしっかりリーダーシップを発揮しないとね。


諦めずどこかに突破口はあるはず。
求めれば、救いの手ももたらせるものです。

グレミカがカイにニーバの行った軌跡をださせ。
それを辿ってジルたちは上への扉への道を見出す…。
道は示されたら進むのみです!


メルトがさりげに足りない影を粉塵を起こして作ってくれたり。
ナイスなサポートです。

ジルたちもニーバを追い上の階へ…。
その間にも、ギルガメスの黒化は進んでいる。
幻の塔を先に征するのはどのパーティになるのか…。


次回 第6話「四つの刺客」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : ドルアーガの塔 - ジャンル : アニメ・コミック

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第4話 「幻影の中へ」

幻の塔ふたたび…。
搭の頂上に辿りついたジルたち。
その前に再び出現したドルアーガ!?

しかし搭の力が弱まってるのでドルアーガ弱いですよ(笑)
続編で再登場した前作ボスが弱いの法則ですね(違)


第4話「幻影の中へ」

戦いの中、ジルはカイの作った異空間へ。
そこでいくつかの秘密が明かされる。

かるーいノリのカイですが(^^;
ギルガメスの妃本人だそうです…肉体は滅び精神だけ?


ギルガメスの不死は、ドルアーガ討伐の呪い。
永遠に耐えれずギルガメスの心は壊れ…。
もう一人の闇のギルガメスとなり幻の塔にいる。


ギルガメスの危険性は、アミナ将軍たちは気付いてるようです。
バビリムとスーマールを統一したウルク国には王の存在は必要ということで。
ギルガメスには不死でいてもらわないと困るか。

で、カーヤこそがギルガメスとカイの娘で。
ギルガメスの不死の呪いを解きに幻の塔に渡ったと。
幻の塔に行くともう帰れないのだそうで、それでジルたちを置いていった?


再生ドルアーガを倒し、幻の塔が再び出現。
しかし、グレミカ一派がカイを人質にして介入。
旧スーマール派で再興を夢見てると…。

カイを連れグレミカたちが行った後を、ジルたちも追います。
戻る方法はあるだろうと楽天的ですが…どうかな?(^^;
当然ジルを追うウラーゴンたちも。


といった感じでいよいよ舞台は幻の塔へ。
ウトゥさんは今度も死亡フラグを回避できるんでしょうか。
…って死亡フラグ確定なのか(苦笑)

次回 第5話「影の国」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : ドルアーガの塔 - ジャンル : アニメ・コミック

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第3話 「夢の町メルトランド」

雪崩れオチ? …なんですかこれ?(^^;
逃走したジルたちはメルトのところを訪ねるが…。
氷雪の街がなぜかリゾートになってるし(笑)

あなたもドルアーガ討伐の131だか132英雄だかに(ぉ)
投資額で勇者は増えるんですね…そんなパーティ嫌すぎる(笑)


第3話「夢の町メルトランド」

ドルアーガ討伐の英雄で融資を募って成功したメルト。
リッチの尺度がイクラって貧困すぎる(^^;

ローパーまで使ってとそのためにローパーまで輸入し労働力に。
ジルはローパー → 触手 → らめーって連想(苦笑)


ジルはメルトに助力を頼むが…。
あっさり裏切ってましたメルト。
ウラーゴンと取引しててジルたちは拘束され、カイが連行されることに。
メルトが得たかったのは営業許可証…どこまで金なんですかあなた!

こっからどうやって展開するのかって思ったら。
カイといっしょにいたローパーの子が泣いてしまってローパー大暴走って展開に。
雪崩れでメルトのリゾートが壊滅。
夢の町と消え果ましたとさ(笑)


腹いせにメルトは、ジルを魔法で攻撃しようとするが…。
ローパー踏んでまた酷い目にと…お笑いの天丼ですか?

で、ジルを知ってるってことでメルトはウラーゴンに同行させることに。
メルトうなだれ…『なだれ』オチって苦しいです…。


次回 第4話「幻影の中へ」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : ドルアーガの塔 - ジャンル : アニメ・コミック