機動戦士ガンダムOO 2nd season 第20話 『アニュー・リターン』

リヴァイヴによるダブルオー奪取は辛うじて防いだが。
オーライザーは損傷し、トレミーのシステムもずたずたに…。
アニューを撃てなかったライルは苦悩…。
そしてすぐにリヴァイヴたちは襲撃をかけてくるが。

リボンズがいよいよ黒さを発揮。
アニューとライルの結末は…
あの精神世界のイメージは他に描写しようないのかな(^^;


第20話 『アニュー・リターン』

アニューとライルの関係を描くことで、人類とイノベイターにもわかりあえる可能性を見せる。
一方で希望を見せつつ、リヴァイヴたちの下司な戦いぶりを見せ。
イノベイターも万能でもなんでもない感情の生き物ってことも見れますね。


人質のミレイナを取り戻すためライルは刹那と一芝居。
ここで本当に撃つ刹那…本気だったじゃと疑ってしまう(^^;

リヴァイヴはオーライザーを奪って行こうとするが。
ハロによって制御を奪って止める。
行きがけの駄賃にリヴァイヴがコクピットを壊してオーライザーは修理するはめに。


アニューを撃てなかった自分を責めるライル。
刹那はアニューが来たら自分が撃つって…これはとことん本気でした。

再来したリヴァイヴたち。
アニューでライルに揺さぶりをかけるいやらしい戦い方。

戦闘描写はファングとシールドビッドの攻防とか魅せてましたね。

アニューがライルに惹かれたのは本心だった。
ライルの呼びかけにアニューが戻ろうとしたのに…。


リボンズに操られたアニューは再びライルと敵対。
刹那は躊躇なくアニューを撃ってしまう…容赦ないね。
ライルを助けるには撃つしかなく、割りきって撃てるのが刹那らしさかな。

戦闘後、刹那はライルの拳を黙ってうけてます。
ライルも刹那がやったことは間違ってはないとわかってるんでしょうね。


沙慈はルイスと自分も戦う運命なのかと…。

やっぱりアニューは悲惨な終わりになってしまいましたね。
リボンズはイノベイターを自由に制御できるんですかね。
だからのあの自身なのか? アニューだけが制御されるよう調整されたのか。


『ルイスは人類初のイノベイター』
リボンズの言葉。
留美にはイノベイターになれないって言ってたし。
刹那は革新をしてるって言ってたし、擬似GNでの細胞変質を耐えれるかがなれるかの条件?

それと人類とリボンズたちは違うっていうことは。
イノベイターとして最初から作られたって意味なのか…文字通り人類外ってまさかね(笑)
たしかにイオリアも人類と思えない面相だったしね(ぉ)

それにしても…アレルヤがとてつもなく弱いね。
これはアレルヤじゃ駄目だってハレルヤ復活への布石でしょうかね(^^;

刹那、扉の向こうへ…ようこそ錬金術師の世界へ(違)

次回 第21話「革新の扉」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第19話 『イノベイターの影』

まさか変革を始めたというのか――?
ツインドライブは刹那を変えていく力がある。
ダブルオーは搭乗者の声と意思を届けられる…。
しかし沙慈の声もルイスの憎しみを変えることはできないんですね。

第19話 『イノベイターの影』

まず前回ラストのマリナの危機ですが。
カタロンのリーダーが身を呈して逃がしてくれました。


…最期まで名前を覚えきれなかった幸も印象も薄いリーダーおつです。
まだ生死は不明ですけどね(^^;

子供を守るためでもマリナは銃を持とうとしない。
持てば子供の目を見れないから…意思が強いのか考えが浅いのか判断に困る姫です。
彼女の役割は非戦の象徴になることなんでしょうか…。


アロウズの猛攻を受けるトレミー。
マリーは、セルゲイの仇とアンドレイを殺る気まんまんです(汗)
ムチャを止めるのがアレルヤと役割逆転したまま(笑)

ルイスに会いに行こうといった刹那は本気だったんですね。
ダブルーのトランザムでまたも戦場に刹那たちの声を意思が流れます…。
また裸祭になるのかとドキドキした(ぇ) 
…今回は自重してくれてよかった(苦笑)


沙慈の声は届いたものの、ルイスは戦いが両親を殺した憎しみを捨てることはできない。
ツインドライブは意思は届けても相互理解や共感させることはできない。

ルイスを戦いから取り戻せるか…。
それは沙慈しだい。沙慈はルイスを取りもどす戦いを決意。
沙慈が主人公ぽく見えてきました(笑)


ルイスの心はかなり揺れてますが…。
アンドレイがまた余計なことしそうですが。

作戦通りリヴァイヴは捕えれましたが…罠でしたね。
アニューもイノベイターの本性を戻しトレミーのブリッジは占拠?


リボンズは甘くなかった。
リジェネの裏切りもお見通し…。

留美はネーナによって粛清。なんともあっさりな末路。
生き残ってるってことはないかな(^^;


リボンズはあくまでダブルオーは自分に相応しいと。
アニューを使ってダブルオーを強奪させるみたいです。

刹那がツインドライブで変革を始めたとか懸念してましたが。
イノベイターってただの人造人間というより、SEEDのコーディネーターみたいなのかな。
リボンズが自分が一番と自負してるのも変革されたものだかっらってことかな。


ブシドー氏は刹那の戦いがぬるいと絶望(違)
何か考えがあるようですけど…ベタなとこで人質とかで決闘を迫るとか?
マリナあたりが人質役って展開かな(^^;


各キャラのしたいことを前回話したので判りやすく見れました。
理解しやすいのはいいことですね。


アニューはイノベイターとライルどちらを選択するんでしょうか。
イノベイターの彼女に選択できる意思があるのか…。

次回 第20話「アニュー・リターン」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第18話 『交錯する想い』

▼ 
タワーの事件から4ヶ月、連邦はアロウズの傘下に…。
CBはメメントメリ2号機を破壊するが、アロウズの情報統制は激しくなるばかり。
ヴェーダを取り戻すべくイノベイターを捕獲する作戦をスメラギは考えるが…。

アバンの掴みは上手いですね。
カティもアロウズから抜けた伏線もあり。
マリーはピーリスに戻ってしまったのか…。


第18話「交錯する想い」

時間を飛ばして4ヶ月後…最後に展開にむけ物語を加速させた感じ。
アフリカタワーの惨劇を連邦はさらなる統制に利用。

初代大統領が黒人ってのは、嫌米家のPがいるからじゃと勘ぐってしまう(^^;
…ってもう変わったんじゃなかたっけ(笑)

CBが宇宙で動いたけど、アロウズでの反連邦への弾圧は厳しくなるばかり。
シーリンが言う変えられない流れの中にいるって発言。
もしかしてCBの戦いも統一の奔流に虚しく消えるってこともかもね。


マリナはすっかり賄いに(笑)
ラストでは場末のバーで流れの演歌歌手にでもなってるじゃない(苦笑)
ラジオでなんでマリナの歌が流れてたんでしょうね?

世界的な大きな流れはそんなとこ。
CBは連邦の情報統制に使われてるのがヴェーダだということで取り戻そうとすると。
ヴェーダの居場所を知るイノベイターを捕まえるってね(^^;


アニューを使ってトレミーの場所は捕捉してるんですが。
会話とかも筒抜けなのか? リジェネが王を通してヴェーダの場所をもらそうとする。
単にリジェネの独断でしょうかね。

王はイノベイターになれないって言われ、リボンズに反逆フラグ立ってるしね。
世界の変革をとかって言いつつ、王は上から目線なのはリボンズと変わらないキャラと。
評価が落ちるキャラばっかりです(苦笑)


セルゲイの死によって、マリーはピーリスの性格に戻ってしまい。
マリーを戦場に戻したことに苦悩するアレルヤ。
ライルは戦うにもマリーの意思だって助言。

沙慈は、肉親すら殺す戦場にルイスのことを思う。
で、刹那はルイスを取り戻しに行こうと沙慈に声をかけると。
なんかいい人オーラを出してる刹那は、擬似GN粒子で受けた傷がと…嫌なフラグ。

ツインドライブの影響か進行は遅いようです…健康にもいいのか(笑)

セルゲイを手にかけたアンドレイは、手柄となって昇進。
ルイスは軍務でも沙慈を撃てるのかと考える…。

アレルヤも影薄いですが(ぉ)
ライルも特に話ないなーって思ってたら、何時の間にかアニューを撃墜してました(笑)
出撃前にアニューに告白とそれは死亡フラグ!
あとは兄のように散る役なんでしょうか(^^;


アニューを使ってトレミーを見つけたアロウズは攻撃を…。
イノベイター捕獲にちょうどいいCBも迎撃にでる。
それぞれの思惑が交差する戦場へ…。


タワー崩壊騒ぎで来なかったブシドーのフォローは無し。
ムチャして動けなかったとかってことでもないか。
もう単なるガンダムと戦う戦闘マシーンでしかないんでしょうか。
ギアスのオレンジ以下のネタキャラとして終わりますかね(^^;



終盤に向け各キャラの思惑を見せる展開。
そつなく見せてはいますが…そういうのは毎回少しづつ見せてないと唐突って感じも。
とりあえず次回はまた戦闘パートになるので楽しめそうです。
みんなの愛する戦闘おばかブシドー氏の活躍あればいいなって期待(笑)


次回 第19話「イノベイターの影」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第17話 『散りゆく光の中で』

生命を守るために――。
メメントモリの砲撃をさけるべくダブルオーライザーの剣が一閃する…。
しかしさらなる危機…軌道エレベーター崩壊の危機が。
敵味方を超え、被害を止めようとするが…。

ついにセルゲイさんが…。
前回、妻ホリーを見捨てた理由がわかったらセルゲイさん死亡って書いてたら。
その通りの展開に唖然…なにこのテンプレな展開。


第17話 『散りゆく光の中で』

メメントモリの阻止から、軌道エレベーター崩壊。
陣営を超えて大崩壊の危機を防ごうとする戦い。
そして悲劇…。
と内容の濃い展開ともいえますが。

前回は、クーデターの薄っすい内容を詰めて。
ダブルオーライザーがメメントモリを斬るシーンまで入れれば良かったと思うけど(^^;


怪我をおして出撃する刹那。
最初からオーライザーで出れない理由は不明ですけど。
ここは沙慈を戦場に出すための展開なのでしょうがない(笑)

リヴァイブが妨害に来るけど、トランザムライザーの超ロングサーベルで斬られました(笑)
イノベイターの扱いっていったい(汗)
砲撃でなく剣ってのが刹那らしくてGJ。


しかし、メメントモリは撃たれ、軸線がずれたことで軌道エレベーターを直撃!
ピラーの外壁をパージするのは本体が倒れるのを防ぐためかな…。
だとしてもパージされた無数の破片が落ちれば、地上は大惨事です…。

CBはなんとか落下点の都市を守ろうと必死の迎撃。
マリーも守るための戦いとGNアーチャーで出撃。
敵も味方もなく、ピラーの迎撃を行うって展開。


いいシーンなのに、ここでなぜ1カットでもブシドーさんださないかな?
出ればややこしくなるけど、あの性格ならマスラオが使えなくても出てきそうだけど。

つまり、ブシドーは刹那と戦わせるだけのキャラって認識なんですかね。
ガンダムとの戦いしか興味ない戦闘バカだとしたら評価ガタ落ち。


イノベイターにしてもガンダムに対抗させるための駒だし…。
キャラを使い捨てにしてませんか?

で、救助も虚しく…被害は甚大。
アンドレイはこの惨状の原因はクーデーターのせいとハーキュリーを討つ。
そして、セルゲイも荷担したのだとランスで貫いてしまう。


軍人としては正しかったセルゲイさんでしたが。
父親としてはアンドレイと向いあえなかった悲劇…。

マリーの悲しき叫び。
セルゲイ…この作品唯一の良心ついに散る。



視聴者にはセルゲイの死はショックですけど。
ここでセルゲイが退場したことで何か後の展開に影響あるのか疑問。
単に戦いの中で起きた悲劇で終わらせないでほしい。
無駄死にしないでくださいね。


前回出なかったリボンズ何してたんでしょうね。
リボンズだけが長命で、他のイノベイターはリボンズが作ったもののようです。
上からな言いかたしてるし、これで裏切りフラグあっぷですね(笑)


次回 第18話「交錯する想い」
 
・TB先・

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック

機動戦士ガンダムOO 2nd season 第16話 『悲劇への序章』

オレ自身を変革させる――。
クーデター部隊がアフリカタワーを占拠。
アロウズはセルゲイを密使として送るが…。
一方、タワーに向った刹那の前にはミスター・ブシドーが立ち塞がる。

そして、再び放たれてしまうのか破壊の光が。

ダブルオーVSマスラオの対決、1週間待った対決は…。
またも…ですか(^^;


▼ 第16話 『悲劇への序章』

めずらしくネタバレなそのままのサブタイですね。
クーデーターは失敗に終わると暗に予想できます…。

首謀者はセルゲイの親友のハーキュリー。
軍人だったセルゲイさんの奥さんとも、正しい理想の軍などを語った間柄。


アンドレイが父に反発するのは、母を見殺しにしたから?
ハーキュリーもそれに関わったとか…そのうち明らかになるんでしょうか。
…その時はセルゲイさん退場の時になりそうな気が(^^;

ハーキュリーの知り合いってことで、セルゲイが連邦の密使として送られます。
その間にもアロウズはタワーへの攻撃を開始。
しかしカティの部隊は動かさなったりと奇妙な動き…。


連邦は情報統制により、クーデーターの真相を隠蔽。
ハーキュリーもそれは分かっていて、人質にとった一般市民にアロウズのやり方の証人にするって策(?)

アロウズ、連邦の不正を許した市民にも責任がある。
ゆえに痛みを伴ってもって…すごく勝手な考えですが。
他に方法がないくらい徹底した情報管理なんでしょうね。

予定通り、ハーキュリーはアロウズの悪辣さを見せた市民を解放。
しかし…。


一方、やっとお待たせの刹那vsブシドーです…待たせすぎです。
ダブルオーもトランザムして、超速の死闘になりますが。
マスラオはやはり負担が大きい機体みたいでブシドーむちゃしすぎ。

ガンダムを超えることが証とブシドー。
刹那はガンダムになることが過去の望みだったが今は違うと。
4年で刹那の方が前に進んだ感じですね。


が、ここでトレミーが到着で、勝負はまたも水入りです…いつもいいとこでね。
マスラオも活動限界、刹那も負傷で限界だったしここまでかな。

意識を失う刹那は、ロックオンの声を聞く。
変わらなかったオレの代わり――。

「分かっている、ロックオン。
 ここでオレは変わる。オレ自身を変革させる――」


そして…。
アロウズが偏った布陣をしていたのにはやはり理由が。

もう1機のメメントモリが!
アロウズは、CBもろとも真実を知った市民もいっしょに葬り去ろうとする…。


次回のサブタイで悲劇は不可避って感じですが…。
ダブルオーが動ければGNなんとかで砲撃を変えれそうですが(笑)
そうなったら、きっとタワーに当たって倒壊とかってなりそうだけど(^^;


次回 第17話「散りゆく光の中で」

・TB先・

続きを読む »

テーマ : 機動戦士ガンダムOO - ジャンル : アニメ・コミック