ロケットガール 第7話「グラヴィティ -gravity-」

mission 07「グラヴィティ -gravity-」

ゆかりたちが落ちたのはネリス女学院の中庭!
宇宙飛行士のゆかりに憧れる後輩の三浦茜登場です。
ゆかりは、約束は果たしたと宇宙飛行士を辞めると言うけど…

1クールも半分をすぎ、3人目のパイロット茜登場です。

中庭に落ちたゆかりとまつりを囲み騒ぐ生徒たち。
まつりは大人気みたい(笑)

でも、宇宙実験用の金魚が死にかけてあせるゆかり。
生物に詳しい後輩の茜の助けで、なんとか金魚を研究所に届けます。

金魚の実験には15年も準備がかかっていて、研究所の教授は喜ぶ。
茜は生物に造詣があるぽく、教授と話もあってたり。

久しぶりに実家に帰り、母と食事。
ゆかりは、バイトは終らせ日本に帰る気だと言うけど…
ふと窓から星を見上げるけど、一度は行った星空はここでは見えない…

翌日、登校したゆかりは、無断でバイトをしたことで注意される。
茜も無断で学校を抜け出したので停学に…

宇宙に行ったゆかりに憧れる茜。
ゆかりは、ただの女子高生に戻ると言いますけど。
宇宙に興味のある茜にSSAの見学に来ればと、ゆかりは気軽に声をかけます。

まつりは、ゆかりの心の揺れを思ってか…単に日本が珍しいのかな(笑)…横浜の街に遊びに行こうと誘います。
ゆかりと思いきり、1日を楽しみます。

そして…ソロモンに帰ったゆかり。
本気でSSAを辞めて日本に帰るようです…
 

続きを読む »

ロケットガール 第6話 「コントロール -control-」

mission 06「コントロール -control-」

ゆかりの乗るオービターの軌道がずれたのは呪いのせい?
呪いはさらに、ゆかりを窮地に落とし。
マツリが予備ロケットで救出に向かうことに。

ツッコミ&考証不可。ムチャとノリのよさを楽しみましょう(笑)

軌道がずれたうえ、デブリで機体まで破損。
ゆかりは船外に出てみるが、修理も不可能と最悪の状況…。
それも全ては、ゆかりの父たち島の住民が行った呪いのせい?

打ち上げが伸びたことを親父に教え忘れたことを悔やむマツリ。
なんとか、ゆかりを助けようと奔走します。

バイコヌールの上空を通るのでロシアのソユーズで救助してもらうと提案。
それまでの空気は、マツリがロケットで運ぶことに。

3号機で宇宙に向かうマツリ。
救助を待つゆかりは、走馬灯まで見て大ピンチ(^^;
マツリがギリギリ到着して助かります。

でも、ソユーズの打ち上げができない!
そこでマツリは、自分の機体から機材を捨てて2人分のスペースを確保。
マツリの機体で大気圏突入を敢行します。

突入は成功し無事着水…
で、その場所は、ゆかりが通っていた高校のプール!?(笑)
今度はゆかりのお守りが二人を助けのかな?

そんなわけで、3人目のパイロットさん登場です(^^;
もうなんか超展開で楽しくなってきました(笑)

次回 第7話「グラヴィティ -gravity-」
 

続きを読む »

ロケットガール 第5話「イグニッション -ignition-」

mission 05「イグニッション -ignition-」

島に突然やって来たゆかりのママ。
娘の思考をよくわかっていて、ゆかりをあっさり説得。
そして、世界初の女子高生飛行士の情報が世界を揺るがせ(笑)
ゆかりはついに宇宙に――。

あっさり宇宙まで行って超展開。そんなノリがいいです^^

新型ハイブリッド燃料の実績がないから…
それなら実績があればいいと、ゆかりを言い負かすママさん。
事前に無人ロケットで実験すればと所長たちに提案し納得させてしまいます。

ゆかりを説得したら満足したのかママはあっさり帰国…
無責任親父はどーでもいいのかな(^^;

ロケットを3機作ることになって現場は大騒ぎ…
いろいろたいへんだったようですが、作中ではカットでヒドス…

ゆかりが了承したし、世界に向け日本初の有人ロケット打ち上げを発表される。
女子高生が宇宙に!?ってことでマスコミが殺到します(笑)

記者会見では、ゆかり達にどうでもいい質問ばかり。
さすがに、ゆかりとマツリが腹違いの姉妹ってことは伏せるんですね。
ゆかりもマツリが姉妹だと発表するのを躊躇ってるよう。
マツリは、ゆかりを姉として慕ってるのにちょっとカワイソウ。

マツリは村に帰って、打ち上げ日にはロケットに呪いをかけるなと願いますが。
酋長ゆかりパパも了承し、ゆかりを守っててやれと父らしい心遣い。

やっぱり今までの実験失敗は呪いのせいなのかな?(^^;
 

続きを読む »

ロケットガール 第4話「カウントダウン -count down-」

mission 04「カウントダウン -count down-」

SSAメンバーの宇宙への情熱を感じたゆかり。
訓練にも前向きになりましたけど…
加速遠心装置をぶん回し過ぎて壊す人はただのドSだと思う(汗)
情熱はともかく問題人物多すぎなSSA。
で、内緒にしてた爆発ばかりの燃料のことがゆかりにバレちゃいます…

加速遠心装置が修理になってとつぜんの休暇。
マツリと南の海を満喫してたゆかり。

ゆかりが乗るカプセルを作成してる建物が近くにあるけど。
立ち入り禁止になってるのに不審に思ったゆかりは、クリーンルームに押し入ろうとする。
保安主任の黒須にその場は止められる。

ゆかりは自分で安全を確かめたいと主張し、所長もそれを許可。
向井チーフから制作中のカプセルを見せてもらう。

ロケットは保守的な技術の積み重ね。
more は good の敵?
新しい技術は、未成熟で危険があり。
保守的な技術は何度も実験が繰り返されて信頼がある。

S○NYのゲーム機は性能はいいけど不良が多く。
任○堂のは、新しい性能はないけど安定みたい感じでしょうか?(笑)

しかし、素子が開発中の新型固形燃料は、いまだに仕様変更を繰返し、爆発ばかりしてる…
と、向井チーフは、ゆかりに秘密をバラしちゃいました。
 

続きを読む »

ロケットガール 第3話「ランチパッド -launch pad-」

mission 03「ランチパッド -launch pad-」

娘がいたことも知らず島の酋長になっていた父。
腹違いの妹…マツリまでできてるし(^^;
そんな父を日本に連れ返す条件に、宇宙飛行士になる約束をしたゆかり。

そして――1カ月。
食事制限と訓練のキツさから、ゆかり絶賛やる気なしに(あせ)

そんな時、母から電話があるけど、父のことはもう諦めてると(^^;
あー、きっと元からいい加減な父だったようです…

訓練では、妹のマツリには体力面では負けると指摘され。
メインパイロットならもっと頑張れとプレッシャー。

別に宇宙に行きたいわけじゃない、ゆかりはやる気なしです。
と、宇宙に行くならマツリでもいいんだ!と閃く。

そんなわけで、毎晩、こっそり中華飯店から出前をとり増量作戦開始(笑)
訓練も手を抜きまくりです…
順調に体重は増えるけど、そんなに食べらたらブタになるような(^^;
なぜかマツリの方も体重が増えてる!?

マツリも夜に抜けて、こっそり食べてたことが発覚。
歌で魚採りって!? マツリはシャーマンの巫女なのですか?
このままでは作戦がダメになると、ゆかりはマツリと喧嘩に…

その時、月を見に来てた木下教官に出会う。

宇宙への思い――。
子供の時見た、月面着陸のニュース。
 

続きを読む »